【11月のガーデニング】クリスマス、お正月、春までたっぷり楽しめる『冬の寄せ植え』。お花とグリーンのご紹介

container-gardening-winterおうち時間

紅葉の季節がやってきました!少しずつ季節が進んでいますね。

みなさまは、寄せ植えはされますか?

いろんなお花やグリーンが集い、華やかな寄せ植え。

初心者の方には、冬の寄せ植えから始めるのがおすすめです。

ここでは、定番の冬の寄せ植えと、今回私が購入した4種のご紹介、クリスマスからのお正月アレンジをご紹介します。

とっても簡単です!

寄せ植えにチャレンジしたいみなさまの参考になれば嬉しいです。

長く楽しめる『冬の寄せ植え』

11月に入ると、毎年「冬の寄せ植え」をします。

冬の寄せ植えは、ゆったり仕上げで、イベントごとに足したり引いたりしながら長く楽しんでいます。

container-gardening

クリスマスには、クリスマスオーナメントをプラスして、お正月にもアレンジを加えます。

今回は、こちらの4種。

今回私が選んだのはこの4種です。ポット5つで、およそ1,500円でした。

コニファー

寄せ植えの中央に高さと存在感、そしてクリスマス感もアップするグリーンを配置。

冬の寄せ植えの定番スタイルです。

conifer

ガーデンシクラメン

こちらも、冬の寄せ植えの定番『ガーデンシクラメン』。

赤と白のガーデンシクラメンを寄せ植えすることで、クリスマス感やお正月の紅白の雰囲気が出ます。

ガーデンシクラメンの開花は10月〜3月、日当たりの良いところを好みます。

秋の早い時期に植えることで、長く楽しむことができます。

Cyclamen

ビオラ

パンジーやビオラは冬の寄せ植えのお花として人気が高いです。寒さに強く花咲きも良く、可愛らしい華やかさを演出してくれます。

viola

今年選んだのは、ラビット咲きのブルーラビットです。

開花時期は10月〜4月、日当たりと風通しの良いところを好みます。

ゆったりめの寄せ植えに仕上げます。(見た目の美しさより花たちの居心地の良さを重視しています)

タイトゴメ(セダム)

タイトゴメは、暑さや寒さに比較的強い多肉植物です。

今回は購入予定だったアリッサムがなかったので、初めて多肉植物を寄せ植えに取り入れてみました。

タイトゴメは日当たりと風通しの良いところを好みます。ビオラとの相性も良さそうですね。

taitogome

クリスマスのあとに、これを追加!

今回の寄せ植えはゆったりと仕上げています。

クリスマスのあとに、コニファーの前に『ミニ葉牡丹』を加えます。紅白の葉牡丹が入ることで、一気にお正月モードになります。

ミニ葉牡丹は、11月ごろから園芸店やホームセンターで見かけるようになります。お気に入りを見つけたら購入して、ポットのままクリスマス後まで育てます。可愛いものからなくなり、葉牡丹は丈夫なので、お気に入りに出会ったら購入しています。

habotan

最後に、ガーデニングのテンションを上げつくれるガーデニング用品をご紹介します。

まず欠かせないのは、軍手! ケガしないように、手が荒れないように、ガーデニングに軍手は必需品です。

私はプリント柄の軍手を使っています。秋冬のお花が少なくなってきた時期でも、気持ちは華やぐので、おすすめです♪

Amazon | コモライフ 華やか花柄ガーデン手袋(4柄組) 390063 | ガーデングローブ・手袋
コモライフ 華やか花柄ガーデン手袋(4柄組) 390063がガーデングローブ・手袋ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: 花柄手袋  ブレス コンフォートグリップ ガーデニング グローブ (3双) : DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: 花柄手袋  ブレス コンフォートグリップ ガーデニング グローブ (3双) : DIY・工具・ガーデン

落ち葉も増えてきたので、お庭と玄関先のおそうじもついでに済ませました。

わが家は例年11月の暖かい日に、外回りの大掃除を進めていきます。

あとは…

外回りの大掃除の仕上げと、クリスマスリース作り•デコレーション。

少しずつ季節は進んでいきますね。

寒い冬は、ぬくぬくゆったり過ごしたい!

そのために、11月はコツコツと、できる範囲で無理なく少しずつ進めます。

winter

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

健康で、彩りのある日々を🌸