【MacBook】MacBook活用術①ショートカットキーでウインドウを閉じる。【視覚障害・ロービジョン】【備忘録】

MacBook-close windowロービジョン

ロービジョンライフを送っています。

日常の中での困りごと。

MacBook使おうと思ったら、前に使った人のウインドウが開いたまま…。

視覚障害者やロービジョンにとって、ウインドウを閉じるのも、カーソルを使うと時間がかかりますよね。

そこで、ショートカットキーを使った、ワンアクションでウインドウを閉じる方法をご紹介します。“ウインドウ“を閉じる機会は多いので、ぜひ覚えておきたいショートカットキーのひとつです。

ショートカットキーでウインドウを閉じる

MacBookを使おうと思ったら、前に使った人のウインドウがそのまま…。

まずウインドウを閉じてから、自分のこととなりますよね。

カーソルを使って閉じようとすると、閉じるアイコンとカーソルの矢印探して…。

なかなかカーソルが見つからない。背景の色とのコントラストで見えづらかったり、視野が狭いと探すのにも時間がかかります。

ところが、ショートカットキーを使うと、

キーボードのボタン2つで、ほんの1秒ほどで、ウインドウを閉じることが出来るのです。

とっても便利で、日常的に使うショートカットキーです。

【ウインドウを閉じる】ショートカットキー

▶︎▶︎▶︎ コマンド + w

コマンドキーを押しながら、wキー を押す。

コマンドキーは、キーボードの一番下の列。

フレッシュ

“Baby step“ 少しずつ。少しずつ。

焦らずいこう。

やれることをやればいい。

自分らしく、自分のサイズで、自分のペースで♡

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

穏やかで、彩りのある日々を🍀🌸