【ロービジョン】ガイドさんと一緒にお出かけ*神戸北野スターバックスへ。

lowvision-kobekitano-starbucksロービジョン

明治大正時代の建築物が好きな私。難病を発症し見づらさが進むなか、現地に足を運ぶことがなくなり、関心がある建物もウェブサイトやYouTubeで見るだけの日々。でも、心のどこかで自分の眼で見たい!空間の持つ雰囲気を感じたい!そんな気持ちもありました。途中になっていたやりたいことリストの続きをと、今回はガイドさんと一緒に神戸北野へ、有形文化財である『スターバックス神戸北野店』に行ってきました。

神戸北野へ。

神戸三宮から、山手へ。

各三宮駅から山手へは、いくつかの通りがあり、神戸っ子もお気に入りの“いつもの道”を持っているように感じます。

北野坂は観光客も多いですが、歩道も広めなので同行援護のガイドさんと横並びで歩きやすいです。

kobekitano-map

今回は、ガイドさんが人通りが少なく凸凹の少ない歩きやすい通りを案内してくださいました。いつものように楽しくおしゃべりしているうちに気づけば異国情緒溢れるエリアに。

kobekitano5

『スターバックス神戸北野店』へ。

スターバックス神戸北野店は、交差点にあるローソンの少し山手にあります。

Starbucks-kobekitano

北野散策の休憩に、有形文化財で秋を味わおうとスターバックス神戸北野店へ。

スターバックス神戸北野店は1907年に建てられた木造2階の登録有形文化財です。

明治大正時代の建築が好きな私は、何度もこちらを訪れていました。

ただ、見づらさが進む中で、外から店内へ入ったとき暗順応に時間がかかり前に進めず立ち止まってしまった経験から、その後足が遠のいていました。

入口の凸凹の段差や、2階への階段、フロア内での移動…心配なことばかり。

だんだん観光客も増えてきているのを感じていたので、行くなら今だ!とガイドさんにリクエストして快く引き受けて下さったので、やりたいことリストのひとつを叶えることが出来ました!

今回は1階のフロアでゆったり時間。次回は2階へ。野望か無謀か(笑)

エントランスの段差を進むと、店内の入り口があります。

明治大正時代のこだわりの建物なので、ちょこちょこ段差が現れます。

ちょっとした段差もガイドさんが声かけしてくださったので、スムーズに移動出来ました。

店内入口を入ると、正面に2階への階段、階段の左手を進み、突き当たりを90度右向き、数歩進むと、左手にオーダーカウンターがあります。

突き当たりまで行くと、店員さんから見えると思うので、声をかけるのも一手です。

Starbucks-cake
コーヒークリームラテとパンプキンバスクチーズケーキ

お店を出るときは、来た時には見えづらかった段差や凸凹が少し見えるように。いつも不思議だなぁ。人間の体って複雑で面白いなぁと思います。

『スターバックス神戸北野店』の備忘録は、こちらの記事をご覧ください。

いつもお世話になっているガイドさん。

寄り添い方も本当に素敵で、お話ししているといつも元気やパワーをいただきます♡

こんな素敵な方と出会えて、本当に幸運だと毎回思うのです。

お互いにとって充実した時間で、良い刺激や癒しをシェアできる時間が続きますように。

これからも、ガイドさんのお力も借りながら、やりたいこと、行きたい場所、ひとつひとつ叶えていけたらいいなと思っています。

“次はここに!”

ガイドさんと打ち合わせしている時間も本当に楽しくて、楽しくて♡

人との出会い、大切ですね!

“今を生きる“ “今を楽しむ“

有形文化財での『静』の時間も良き。

kobekitano- Starbucks5
引用:スターバックス公式サイト

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

健康で、彩りのある日々を🍀