【梅シロップ・梅酒】『保存ビン』の選び方+おすすめ梅2選【初心者向け】

梅酒用ビンと青梅

『ビンに入れて、時々フリフリ』

とてもシンプルで簡単な梅シロップ•梅酒作り。

でも、いざ初めて作ろうと思うと、ビンはどれを選べばいいの? 大きさは? と疑問が出てきます。

ここでは、保存瓶の選び方とおすすめ梅を2種ご紹介します。

自家製梅酒 梅シロップにチャレンジ!

難しそう…いえいえ、とても簡単です!

ビンに入れて、時々フリフリ。基本はこれだけです。

年に一度の梅しごとの季節を楽しみませんか?

お子様と一緒に梅シロップを作って梅ジュースを飲んだり、大人の方なら自家製梅酒を片手にオンライン飲み会もいいですね。

おうち時間で、自家製梅酒、梅シロップ作りにチャレンジしませんか?

梅シロップ レシピ

保存期間で選ぼう

保存する上で最も重要なのは『しっかり密閉できること』です。

私が初めて梅酒作りにチャレンジしたとき、保存ビン選びに 迷いました。スーパーに置いてあるのは、赤いフタの広口の大きなビン、一択。ハンズなどでは、おしゃれなビンをはじめいろんな保存ビンがありました。そして実家には、定番の赤フタビン、おしゃれなビン、海苔が入っていたであろうと思われるビンまで、いろんな保存ビンに入った梅酒が並んでいました。大切なのは、『しっかり密閉できる』ということですね。

毎年梅しごとを楽しむなかで、2つの視点で選ぶようになりました。それが、『保存期間』と『構造や形』です。では、順にお話ししていきますね。

短期間ならプラスチック製

1年までの短期間の保存なら、プラスチック製の保存容器がおすすめです。

おすすめポイント1. 軽い! 

軽いため、持ち運びやすいです。また、フリフリしたり、消毒をする際に作業がしやすいです。

おすすめポイント2. 手頃なお値段

残念なポイント 長期の保存には向いていない。

ビンに比べると少量の空気を通すので酸化しやすいため、1年を超えるような長期保存にはおすすめできません。

長期保存ならビン製

 

おしゃれな保存ビン

梅酒のように、熟成を楽しむ方は瓶がおすすめです。

おすすめポイント1.しっかりと密閉できる

おすすめポイント2. 耐久性に優れている

残念なポイント 重い

瓶は容器自体が重いため、梅、氷砂糖などを入れると、結構な重さになります。

形や構造で選ぼう

タイプ1: 定番 広口

梅酒が入った保存ビン

おすすめポイント 口が広く、作業がしやすい。

残念なポイント 小サイズが少ない。保管スペースを選ぶ。

タイプ2: 注ぎ口付

広口に注ぎ口が付いているもの。

おすすめポイント 飲みたいときに、すぐ注げる。これは便利です。

タイプ3: おしゃれ

梅酒が入ったおしゃれなビンたち

おすすめポイント1. デザインが豊富

おすすめポイント2. サイズが豊富

保管スペースに合わせて選べます。重いのが苦手な方は小さいものを選べば軽くなりますね。

保存瓶選びで気をつけたいこと

•しっかり密閉できるか ←ここが最重要ポイント!

•口は広いか(消毒や瓶詰め作業ができるか)

•保管期間に適しているか

目安は、梅ジュースで最短10日程度、梅酒は1年以上

•保管スペースに合っているか(サイズは大丈夫か)

で、おすすめは? 結論はこちらです。

梅シロップ用なら、プラスチック製の広口+注ぎ口があるもの

梅酒用なら、ビン製。広口かおしゃれなものかはお好みで。

青梅と完熟梅

梅には若い青梅と黄色くなった完熟梅があります。

梅シロップ•梅酒には、若く新鮮な青梅をおすすめします。果肉が堅くしっかりしたものが適しています。日本各地にいろいろな梅があります。南高梅、豊後、白加賀など。

毎年作るなかで、お気に入りの2種をご紹介します。

おすすめ梅1: 南高梅

南高梅

おすすめ1つ目は『南高梅(なんこううめ)です。

果実の大きさは大粒で、皮は柔らか、果肉は厚い品種です。完熟が近づくと黄色味を帯び、紅色な部分は日光が当たったところです。青梅、干し梅両方に適し、人気があります。南高梅は干し梅として最高級品です。

青梅は梅酒や梅シロップに、完熟梅は梅干しに。

おすすめ梅2: 古城

古城 青梅

おすすめ2つ目は、『古城(ごじろ)』です。

果実の大きさは大粒で、果肉は厚く、種子は小さい品種で、青梅として一級品です。梅酒や梅ジュースに適しています。

ここ数年の1番のお気に入りです。種子が小さく、梅ジュースが出来上がると、シロップは梅ジュースとして、梅は梅ジャムを作って美味しくいただきます。

コクのある、香り豊かな梅シロップ、梅酒つくりに青梅。

自分好みの青梅を見つけてくださいね。