【癒しの言葉】つらいとき、苦しいとき、悲しいとき…心が疲れた時に寄り添ってくれる『癒しの言葉』

花ことば

誰でも生きていると、心が疲れてしまったり、失敗をして落ち込んでしまったり…そんな時があります。ここでは、心に優しさや温かさをもたらしてくれる、心を緩め癒してくれる言葉をご紹介します。

私も辛いとき、言葉や本に救われた経験があります。今、辛さや悲しさと向き合っているあなたの、少しでも助けになれたらうれしく思います。ここでご紹介している言葉は、疲れ果てもう頑張る気力も出ないほど底だったとき、私自身の心が動いたフレーズです。疲れた時は休むことも必要です。絶えず全力で100メートル走を続けることは誰もできません。しっかり休息を取ったら、少しずつ気力も出てきます。

青いお花

『疲れを感じたら

無駄にあれこれ考えずに

休むか、寝てしまおう』

哲学者 ニーチェの言葉。

紫陽花

『苦労から抜け出したいなら

肩の力を抜くことを覚えなさい。

心の名医 斉藤茂太の言葉。

ハナミズキ

何もできない日や時には、

後になって楽しめないようなものを作ろうとするより、

ぶらぶらして過ごしたり、

寝て過ごす方がいい。

ドイツの詩人 ゲーテの言葉。

紫陽花

『ぐちをこぼしたっていいがな

弱音を吐いたっていいがな

人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな

生きているんだもの

詩人 相田みつを

花

『しがみつくことで強くなれると考える者もいる。

しかし、ときには手放すことで強くなれるのだ。』

ドイツの詩人 ヘルマン•ヘッセ

花

『人生とは、その時々に自然に変化し、移りゆくものだ。

変化に抵抗してはならない。それは悲しみを招くだけである。』

古代中国の思想家 老子

花

『焦る事は何の役にも立たない。

後悔はなおさら役に立たない。

焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔を作る。』

ドイツの詩人 ゲーテ

花

『逃げた者はもう一度戦える。』

古代ギリシャの政治家 デモステネス

ラベンダー

『どんな悲しみや苦しみも、必ず歳月が癒してくれます。

そのことを京都では、『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。

時間こそが、心の傷の妙薬なのです。』

尼僧 瀬戸内寂聴

花

『疲れちょると思案がどうしても滅入る。

寝足ると猛然と自信がわく。』

幕末の志士 坂本龍馬

花

あなたの心に触れた言葉はありましたか?

もし、その言葉に出会えたら、ぜひ言葉の薬として、心が疲れた時思い出してくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

健康で、彩りのある日々を☘