【三浦春馬】新たな代表作!『天外者』公開初日観てきました!劇場中がすすり泣く、涙が溢れて止まらない。三浦春馬、彼こそが天外者!

天外者上映Haruma

本日、2020年12月11日映画『天外者〈てんがらもん〉』の公開初日でした。

朝イチの上映を鑑賞してきました。

やはり、圧倒的な存在感。こんな俳優は他にいない。

改めて映画のレビューは書くとして、

ここでは、今感じている素直な気持ちを記します。

劇場中がすすり泣く、繰り返し押し寄せる涙の波。

まずは、こんなに映画館で泣いたのは初めてです。

そして、劇場中がすすり泣いていました。

涙の波は何度も何度も押し寄せてきて、そのたびに劇場中で涙が溢れていました。

グスグスと鼻を啜りながら、涙を何度も拭いながら、皆が観ていました。

ストーリーに引き込まれていく…

その中で、セリフだったり、状況だったりが春馬くんとリンクして、

さらに涙が溢れ出す。

もう、五代さんで泣いたのか、春馬くんとリンクして泣いたのかわからないほど、

多くの場面で、感情が込み上げてきた。

五代さんのセリフだけでなく、

遊女 はる、龍馬、妻 豊子、グラバーなどの言葉にも大きく心を揺さぶられる。

三浦春馬、圧倒的な存在感。

三浦春馬

ストーリー展開が早く、映画という尺の中では仕方ないが、一つ一つのエピソードをもっと掘り下げて観たい思うほど素晴らしかった。

叶うなら、このキャストで、大河ドラマとして観たかった。

春馬くんの『真夜中の五分前』での静寂な演技も素晴らしかったが、

この『天外者』も、圧倒的な存在感だった。

見惚れるほどの横顔、

所作の美しさ、

佇まい、

声色、

語らい、

すべてが調和し、惹きつけられる。

静かな演技こそ、より彼の演技を際立たせる。

指先まで美しい殺陣、凛とした和装での佇まいや所作、駆ける姿も美しい。

洋装では、華やかさが加わる。

声のトーンや声色、薩摩弁や英語、セリフにもこだわりを感じる。

どれほどの熱量で取り組んでいたのだろう。

『三浦春馬が全身全霊で挑んだ』と表現されるが、まさにそうだ。

キャスティングにも参加されていた。

翔平くんの龍馬も良かった。

筒井さんの母も。

主演を務めながら、共演者を気遣い、裏方の仕事もかって出た。

共演者やスタッフに愛され、

表現者としても一流、

上演されると、劇場中を涙に。

こんな俳優、他にいるだろうか…

これほどの表現者を失ってしまった。

彼を助ける術はなかったのだろうか…

彼は生きたかったはず

未来を見ていた

夢を持っていた

努力を惜しまなかった

世界への切符を手にしていた

スクリーン越しに感じる、彼の熱量。

彼は、たくさんのメッセージをこの映画にこめている。

ぜひ、メッセージを受け取ってほしい。

混沌とした今だからこそ、多くに人に観て欲しい映画です。

これから『天外者』を観る春馬ファンのみなさまへ

映画館に行くときは、替用のマスクの持参をおすすめします。

泣くことになるだろうと思い、ハンカチではなくハンドタオルを持参していたのですが、マスクは盲点でした。

そして、鼻水がジュルジュルになるほど映画館で泣くことになるとは…

涙の波の多さに、マスクに中が大変なことになりました。

満席でしたが、ソーシャルディスタンスを保ち、混雑や混乱もなく、譲り合うなど、やっぱり春馬くんのファンだなと感じることがありました。

いつもファンを気遣ってくれた春馬くん。

あなたがそうであったように、ファンも優しさに溢れた人が多いです。

今日は、いろんな感情をファンの皆さんと共有できました。

春馬くん、

多くのファンが、今もあなたを愛し続けています。

ラナンキュラス

もうすぐ月命日。

帰りに、お花屋さんでラナンキュラスを買いました。

ラナンキュラスの花言葉は、

『あなたは魅力に満ちている』。

春馬くん。

あなたは、

男も惚れるほどのビジュアルを持つ美しい人。

才能に溢れ、運動神経も抜群、多才な表現者。

ピュアで、心美しい綺麗な人。

お茶目で、いたずら好きで、天然で、自然が好きで、動物に愛される可愛い人。

正義感が強く、男気がある、頼れる人。

あなたは、いつも自然体で、いろんな面を私たちに見せてくれました。

表現者としてのオンも、ちょっと抜けたオフも、

そのすべてが愛おしいです。

大切なメッセージ受け取ったよ!

【追記】

1日いろんな思いが巡りました。

少し整理がついたので、映画レビュー記事を記しました。

【三浦春馬 新たな代表作 映画『天外者』レビュー】

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

健康で、彩りのある日々を🌸🐎