【三浦春馬】『U-NEXT』で20代前半の春馬くんをめぐる♡美しさと表現力を携え、役ごとにまるで別人!

三浦春馬U-NEXTHaruma

役ごとにいろんな表情で魅了する表現者•三浦春馬さん。

ドラマに映画、舞台、歌やアンバサダーなど、10代から第一線で活躍され続けていた春馬さんは、作品数も多く、また普遍的なテーマや見応えのあるモノが多いので、巡るのも相応の時間を要します。それでも、巡り続けてしまうのは、彼のビジュアルの美しさだけでなく、天性のものを感じ、惜しまぬ努力を続け開花する才能、確かな表現力…そして彼の作品や彼自身から多くの気づきや学びが得られているからだと思います。

ここでは、今(2021年2月現在)、『U-NEXT』で観ることができる20代前半の春馬くん出演の作品をご紹介します。『U-NEXT』は31日間無料でお試しできるので、ぜひ初々しい春馬くんに会いにいってみませんか?

2010年 君に届け

おすすめ度 ★★★★★★☆

センターに立つのが決して得意ではなかった春馬くんが、大人気漫画のキラキラ爽やか男子校生を好演。高校生たちが織りなす青春映画です。

多部未華子さんと初共演の作品で、この後”たべはる”コンビで『僕にいた時間』『アイネクライネナハトムジーク』で共演されています。映画『天外者』で春馬くん演じる五代友厚の妻を演じた連坊美沙子さんも同級生役で出演されています。

▶︎春になると必ず観たくなる春馬くん映画です。春馬くん演じる風早くんに原作を超える”キュン”をもらえた、淡い恋に触れ柔らかく優しい気持ちになれる作品です。

2011年 陽はまた昇る

おすすめ度 ★★★★★☆☆

春馬くんが、初めて佐藤浩一さんと共演したシーンで涙がちょっと出ちゃったと語っていた警察学校を舞台にした人間ドラマです。この撮影のとき、佐藤浩一さんから『映像作品は人の記憶に一時的にとどまるけど忘れ去られる。でもこれから先、人の記憶に残る役者になれたら最高だよな。』との言葉をいただき心に残っていると話していた作品です。

陽はまた昇る
引用:U-NEXT

▶︎短髪で、男気あふれる春馬くんがいます。この作品では、体もマッチョよりでお顔もちょっと丸くってホッとします。佐藤さんとのお芝居も良き。

2011年 東京公園

おすすめ度 ★★★★★★☆

日常を優しく切り取った映画です。春馬くんは、青山真治監督作品に出演できることを喜び、青山監督の演出に感動し、東京公園で演じた役は1番素の自分に近いとインタビューで話されています。

▶︎春馬くんの中にあるものを大切に撮られている感じがします。青山監督の春馬くんの内面のありのままの良さを引き出す力と、柔らかく優しく役に溶け込む春馬くんが心地よい作品です。もっとこのお二人の化学反応が観たかったです。

2014年 真夜中の五分前

おすすめ度 ★★★★★★★

愛とは何かを問いかける大人のラブミステリー。全編中国語、海外ロケ、日本人は行定監督と春馬くんだけの慣れない過酷な撮影。舞台挨拶で、監督から覚悟と努力、頑張りを認められ涙ぐんでいた春馬くん、それだけ全力で尽力した作品です。行定勲監督と俳優•三浦春馬の挑戦をぜひご覧ください。素晴らしいです!

▶︎大好きな作品です。『愛とは何か』『愛することとは』何度も向き合える作品で、観るたびに新たな気づきがあります。上海の光と静寂のなかにいる春馬くんがとにかく美しいです。タイトルの五分前、時計の針にも注目し、その意味を考えるとより楽しめます。

2015年 進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN (前編)

おすすめ度 ★★★★☆☆☆

大人気漫画の映画化。国内での評価は低めですが、ハリウッドやアジアでは高評価を受けた作品です。春馬くんの身体能力が存分に活かされた作品で、お願いしていたスタントマンをお断りしたほどの素晴らしいアクションを披露しています。

▶︎最初は巨人に驚くのですが、制限を多く感じる今こそ、観るとビンビン響いてきます。『壁って何だろう』『自分の壁ってなんだろう』『自由とは』いろんなことを気づかせ考えるきっかけをくれます。前編だけだと物足りないように感じます。ぜひ後編と合わせて完結、見えてくるものがあるので、続けてご覧いただくことをおすすめします。

2015年 進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN エンド オブ ザ ワールド(後編)

おすすめ度 ★★★★★★☆

▶︎春馬くんと希子ちゃんが並んだ後ろ姿が美しいです。前編に引き続き『壁って何だろう』『自分の壁って何だろう』『自由とは』『制限やルールは誰が決めている?』『自分の人生を生きるとは?』『自分の生きる世界とは』いろんなことを問いかけます。春馬くんがハリウッドでの会見で語ったこの作品への想い、届けたいメッセージが深く、原作とは違うという視点で評価を下げずに、作品から多くのメッセージを受け取りたい作品です。

輝きが隠せないほどの美しさと、まるで別人のような豊かな表現力を携えた20代前半の春馬くんを楽しんでみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

いつも心に春を🌸🐎