【生活に根ざした備蓄術②】防災20年の主婦が実践する『トイレ備蓄とその裏ワザ』【非常用トイレ】

本サイトは紹介報酬が発生するページを含んでいます

toilet

毎日の生活において何気なく使っているトイレ。でも、災害時、そのありがたさに気づきますよね。日常と非常を両立する、防災備蓄20年の経験から無理なく続ける備蓄術をご紹介します。今回はその中でも特に大切な「非常用トイレ」に焦点を当ててお伝えしたいと思います。家族の安全と快適な暮らしを守るためのノウハウを、ぜひご一緒に見ていきましょう。

20年の経験からたどり着いた『わが家の非常用トイレ備蓄』

防災ポーチには、これ!

toilet

携帯トイレを入れています。

100円均一のものでもOK。

非常持ち出しリュックには、これ!

emergency toilet1
凝固剤写し忘れてますf^_^;

トイレ用袋と凝固剤、防臭袋のオリジナルセットを入れています。

ポイントは、コンパクトにまとめて持ち出せる量や他用途にも使えることを意識して、オリジナルでセットにしました。

オリジナルセットの内容は、

・45mlの黒色のゴミ袋

・凝固剤

・BOS 防臭袋ストライプLLサイズ 黒

です。

洋式便器に被せられる場合は、

45mlの黒ゴミ袋を便器に被せ

凝固剤を入れて

用を足し

ゴミ袋の口をしっかり縛る

そのゴミ袋を、BOSの防臭袋に入れ、袋の口をしっかり縛り

ゴミ箱に入れる。

被災した場合、ごみの収取もすぐには再開しない現実。臭いの対策はかなり重要です!

キットの非常用トイレを使用する場合も、防災袋を準備しておくことをおすすめします。

わが家がたどり着いたBOSの防臭袋ストライプLLサイズの黒。

おすすめの3つの理由があります。

1  防臭効果が高い

2  黒は中が見えにくい

3  45ml込み袋の代用が可能

洋式便器の使用ができなくても、バケツやプラスチック容器などに被せて簡易の非常トイレを作る時も、LLサイズの黒なら出来ます。

介護している方やペットのいる方にも愛用されている防臭袋です。

生理用品や通常のゴミ袋としても使えます。袋を開いてガムテープなどで貼り合わせると目隠しシートにもなりえます。

薄手で嵩張らない点も優秀です。ぜひ備蓄品としてお迎えください。

Amazonをのぞいてみると、BOS防臭袋LLサイズの黒色は在庫切れのようなので、LLサイズの他カラーと、黒色のMサイズのリンクを貼っておきます。今備蓄を進めておられる方多そうですね。

自宅避難には、これ!

emergency toilet

非常持ち出しリュックの分も使えます。

加えて、自宅では日常のものを活用し、できるだけ経済的な負担がかからないようにしています。

・45mlのゴミ袋は普段使っているものを多めに購入してローリングストック。

・凝固剤の代わりに、愛猫用のトイレシートを使用する。こちらも多めに購入してローリングストックしています。

・BOSの防臭袋ストライプLLサイズ黒

自宅避難でも断水やごみ収集の遅れも考慮して、臭い対策は念入りに。

黒色が在庫切れのようなので、他カラーのリンクを貼っておきますね。

手軽に準備したい方におすすめ非常用トイレ 2選

1   トイレの女神 premium

おすすめポイント:コンパクトサイズ。日本製で高品質。便器カバー、汚物袋、凝固剤のセットです。

2   BOS非常トイレ

おすすめポイント: BOS防臭袋が付いてい防臭効果が高い 便器カバー、汚物袋、凝固剤、防臭袋の4点セットです。

▶︎非常用トイレ、どのくらい備えたらいい?備蓄量と選び方の記事はこちら。

一緒に備えたいもの

非常用トイレと一緒に備えたい5アイテムをご紹介します。

これは忘れてはいけない、そうです!『トイレットペーパー』。

ここで、非常持ち出しリュック用のトイレットペーパーには、紐をあらかじめ通しておくことをおすすめします。首から下げたり、フックに引っかることができます。

次に準備しておきたいのは、ゴミ袋です。

トイレットペーパーは日常のように流せないときは、使用後のトイレットペーパーはゴミ袋に入れます。

そして、水も制限されることがあることを考慮して、手の消毒用のアルコール消毒やウエットティッシュ、余裕があればお尻拭きシートも。お尻拭きシートなら、手拭きとしても、お風呂に入れないときの体拭きとしても使えますね。

そして、自宅避難以外に備えて準備しておきたいのが、プライバシーを守り安全を確保するためのアイテムです。

ケンユー
¥530 (2024/01/19 23:09時点 | Amazon調べ)

不衛生なため、尿意が止まり膀胱炎になる、トイレの回数を減らそうと水分摂取が少なくなり脱水症状、ひとりで離れた場所に行くことによる危険。そういったことを防ぐためにも、アルミポンチョや必要な時だけ設置する小型テントも準備しておきたい。

最後に、非常用のトイレがない、備蓄分がなくなった時の方法として、コンポスト法があります。簡単に言うと、土を利用する、自然に返す方法です。知識や知恵も備えの一つ。学んでいこう!

今回は、非常時のトイレの備えについてご紹介しました。みなさまの防災備蓄の参考になれば嬉しいです。

備えることで、不安が和らぎます。

大難を小難に、小難を無難に。

できることから…。

災害に備え、日常に安心を。

sky



最後まで読んでいただきありがとうございます!

健康で、彩のある日々を🍀

タイトルとURLをコピーしました