【フレッシュリース】2022年わが家のクリスマスリース+叔母から受け継いだ『クリスマスリースの作り方』【冬のガーデニング】

xmas-wreath-2022おうち時間

12月が始まりましたね。

いよいよ今年も残すところ、あと1ヶ月。

みなさんはどう過ごされていますか?

私は11月からの秋の大掃除の仕上げと、クリスマスやお正月の準備に少しずつ取り掛かっています。物価高や物流の遅延などのため、例年より気持ち早めに動きまじめました。

ここでは、先日剪定したお庭のグリーンをつかってクリスマスリースを手作りした様子をご紹介します。

このフレッシュクリスマスリースの作り方は、お花好きの叔母から教わり受け継いだもので、子供たちと毎年一緒に作ってきたものです。子供たちが大きくなった今でも、秋になると松ぼっくりを拾ってきてくれたり、あの辺りに落ち始めてたよと声をかけてくれます。

家族との思い出がいっぱい詰まったリース作りの時間。毎年の楽しみです。

初心者にも、お子様とも簡単にできるクリスマスリースを作ってみませんか?

お庭のグリーンでフレッシュクリスマスリース作りました!

今年も恒例のフレッシュクリスマスリースをつくりました。

2022my-xmaswreath

材料は以下の通りです。

【材料】

•フレッシュクリーン

•サンキライ

•天然わた

•木の実

•ワイヤー

•リース台

『材料はどこで調達する?】

フレッシュグリーンのヒバなどは、このシーズンにはお花屋さんでも取り扱っているところが多いです。わが家は、お庭の木を晩秋に剪定するのでそれを活用します。

▶︎晩秋のガーデニングの様子はこちらから。

サンキライは、可愛い赤い実がついているツル状の枝ものです。こちらもお花屋さんで購入可能です。国産と中国産のものがあり、身の大きさや色の濃さに違いがあります。お値段差もしっかりあります。2022年の今年は、流通量が少ないように感じます。

真っ白でクリスマスや冬を感じさせてくれる天然わた。こちらもお花屋さんで購入可能です。今年は小ぶりのものやわたボールのが多そうです。Amazonでも購入可能です。

『ドライフラワー わたの実』

natural-cotton
出典:Amazon

松ぼっくりなどの木の実は、フリマアプリやAmazonなどでも販売されています。わが家は秋のお散歩の際に、拾ってきて活用します。毎年微妙に大きさが違って面白いですよ。

『松ぼっくり 20コ』

pinecone
出典:Amazon

リースワイヤーは手芸屋さんやAmazonでも購入できます。

『リースワイヤー グリーン』

リースワイヤー
出典:Amazon

リース台は小ぶりなものなら、100均で販売されています。大きめのリース台はAmazonなどで購入できます。

『ひげつる 30cm リース台』

wreath-base

『サンキライヒゲ付リース台』

wreath-base1

*クリスマス用の花材について

お花屋さんでの流通量が年々減っているように感じます。コロナ禍の影響もあるのでしょうが、何度も足を運んでもないこともあります。電話で確認したり、Amazonでのリース花材のまとめ買いを今年はおすすめします。

クリスマスリースの作り方

①グリーンを15cmくらいの枝に切り分けていきます。

green-xmas
お庭のエメラルドグリーンを剪定したもの

②リース台に①の枝を差し込んでいく

flesh-wreath

③サンキライを乗せ、ワイヤーで止めていく

xmas-wreath

④わたや木の実でデコレーションし、裏側のワイヤーを整える

2022my-xmaswreath

クリスマスリースを作っていると、目の前にあるグリーンに集中する。

この“無”に近い時間が、気忙しい師走を忘れさせてくれる。

脳と心のリフレッシュ!

子供が小さいときは、サンタさんなどのオブジェをリースに取り入れて子供と一緒に、子供好みのリースを楽しんでいました。

今は、またどんどんシンプルになってグリーン(緑)とサンキライ(赤)、天然わた(白)、松ぼっくりなどの木の実だけ(笑)

ライフスタイルや好みに合わせて柔軟に変化していけるのも、手づくりの良さですね。

xmasdeco

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

健康で、彩りのある日々を🍀